毛周期の乱れで薄毛等の問題が出てくる

人間にとってとても大切な髪の毛ですが、実は髪の毛のことをきちんと知ってケアをしている人は意外と少ないのかもしれません。

髪はあって当たり前、伸びて当たり前と思っている人が多いからではないでしょうか?抜け毛が多いなとか、なんか薄毛になってきたななんて気づいた時に知るのではなく、健康な髪のうちに髪の毛のこと良く知っておきましょう。

私たちの髪の毛は皮膚の角質層が変化してできており、主な成分はケラチンです。

その他に18種類のアミノ酸が結合してできているのです。

毛乳頭という場所で髪を成長させる、脱毛させるという命令が出され、その周りの細胞は毛母細胞と言われています。

髪に毛自体は毛表皮、毛皮質、毛髄質からなっています。

髪の毛の成長のサイクルは毛周期と言われるのですが、毛乳頭の働きが低下し、髪の成長が弱る退行期、髪の成長が止まる休止期、毛乳頭が活動を始めてまた新しい毛髪を再生させる発生期、休止期に入った古い毛髪が脱毛し、毛母細胞が活発に分裂し、新しい髪の毛が成長期となっています。

この毛周期がきちんとしていることで健康な髪が保たれるのですが、それぞれの期間が短かったりすると薄毛等の問題が出てきます。

主に成長期の期間が短いと当然、髪は短く細い柔らかい毛のままになり、見た目にも薄毛の状態になります。

髪が成長せずに抜け落ちていくのですが、このサイクルが更に悪化すれば、髪は禿げてしまう状態になってしまいます。

薄毛が気になりだしたら、まずは『薄毛のお助けマン』を見てみましょう!